平塚市で生まれたキャラクター

平塚市は神奈川県の中央あたりの相模川右岸に位置する市で、特例市の指定を受けています。この平塚市は戦後商工業都市として発展し、また市街地はベッドタウンとして開発されてマンションなどが建ち並んでいます。
近年在日本では地域振興を目的にしたものなど、ゆるキャラと呼ばれる面白いデザインのキャラクターたちが数多く誕生しています。そんなブームの中、この平塚市においてもいくつかのゆるキャラが生み出されています。
ひらつか花アグリのマスコットのあぐりちゃんは、着ぐるみではなくバルーンタイプの珍しいゆるキャラです。ひらつか花アグリは四季折々の花々が楽しめる花菜ガーデンや、大型農産物直売所のあさつゆ広場などを擁する、園芸や農業を体感、体験できる大型施設です。あぐりちゃんはひらつか花アグリで栽培されているいちごから生まれた妖精で、県産米のキヌヒカリが大好物の女の子です。
また平塚産の農産物をPRするベジ太という、野菜を背中に背負った犬のゆるキャラもいます。